2011年9月22日木曜日

中小企業サイトがGoogleから消えたのはエセSEO業者のせい?

自社サイトがグーグルから消えた ルール変更に大混乱の中小企業

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110922-00000001-diamond-bus_all

グーグルが検索結果を順位付けするルールを6月下旬に変更し、
その煽りを食った中小企業がSEO会社に駆け込んでいるらしいです。

この変動って、6月28日にあったヤツですね。

うちのサイトもページランクが軒並み1ぐらいずつ下がりました。

その後のメジャー更新で大体が元に戻ったので、結局、
うちのサイトはあまり影響はなかったといってもいいですが、
9月22日の今頃になってこんな記事がヤフートピックスに
上がるということは、いかがわしいSEO業者に頼んでいた中小企業は
今になっても元に戻っていないということかもしれませんね。

私も中小企業の一員ですが、SEOなんて自社でやった方がいいですよ。

自分でできないなら、一人、htmlが分かるウェブ担当者を雇えばできることです。

ウェブから収益をあげるなら、人任せにせずに、自社でやった方がいいでしょうね。

今回は裏技を使ったエセSEOがやばかったという記事ですけど、SEOって、
結構グレーというか、裏技チックなところが多いテクニックです。

SEOが全然分からない方は、SEO革命の鈴木将司さんの教材である鈴木将司のseo executive 講座でも買ってみてはどうでしょうかね?

この教材はたったの2980円なので、激安ですし、SEO業者に依頼しようと思っている方は、まず見てみるのもいいかと思います。

そして、SEOが自分でできるということになれば、奪取SEO3賢威5.0などのSEOテンプレートを使えば、SEOが分からなくてもそれなりに上位表示するようになるとは思います。

もちろん、Googleの場合は被リンクなどの外部要因が大きいわけですが、ここでリンクを購入したり、
ブラックなことをやってしまうと、自社サイトが検索結果から消えるということが起こってしまいますので、
いくら売上を上げたいからといって、ブラックなSEO対策はやらない方が無難です。

Googleからしてみれば、上位表示させたいなら、PPC広告を出して下さいって言っているようなものなんですけどね。

中小企業のネットショップさんなんかは資金があまりないでしょうから、PPC広告を頻繁に出すのは難しいでしょうが、エセSEO業者に頼むぐらいなら、楽天ショップにでも加盟した方が売上は上がるような気はします。

まあ、楽天も中間マージンを取りすぎですから、個人的には自社でSEO対策をした方がいいとは思いますけどね。

相互リンクの依頼なんて出すのは面倒だし、被リンクなんてそう簡単に獲得できないよって方は、ソーシャルブックマークやRSSなどに登録してみるのもいいかもしれません。

ただし、アクセスアップしても、検索順位が上がるかどうかは微妙ではあると思いますが…

アンビシャスカードという自動登録ソフトが今出回っているようなので、海外のソーシャルブックマークに登録という着眼点では面白いし、効果のほどは不明ですが、エセSEO業者に頼むぐらいなら、こういったソフトを活用してみるのもいいかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿